森林の階層構造の役割

ここにサブタイトルを入力


日程: 2024年9月3日(火)~9月5日(木) 当初と日程が変更になっています

● 場所: 苫小牧研究林

担当: 中村誠宏 (北方生物圏フィールド科学センター教員)

定員: 若干名 応募多数の場合は選考があります

● 内容: 森林を垂直に見ると、高木の上層には葉や枝が集まり、複雑な階層構造をしています。そこを「林冠(りんかん)」と呼びます。この林冠は強い光を浴びており、光合成が盛んに行われるため、たくさんの葉や花、果実が生産されます。これにより、昆虫、鳥、哺乳類などの動物に多彩な食物が提供されます。しかし、林冠へのアクセスは非常に難しいため、未開の地でした。この森林の階層構造が生物間相互作用、生物多様性、生態系機能にどのような影響を与えるのか、考えてみましょう。

集合・解散場所: JR南千歳 駅(予定)

  • 詳細は、参加者の移動手段や希望を確認した上で決定します

費用:宿泊費 10,000円程度

  • 集合場所までの旅費は自己負担になります。
北海道大学北方生物圏フィールド科学センター 北管理部
〒096-0071北海道名寄市字徳田250
TEL 01654-2-4264(平日8:30-17:00)
moritore(at)fsc.hokudai.ac.jp 
Powered by Webnode
無料でホームページを作成しよう! このサイトはWebnodeで作成されました。 あなたも無料で自分で作成してみませんか? さあ、はじめよう